あごニキビが繰り返す原因は?

顎ニキビがなかなか治らないのはなぜ?

20代を過ぎても顎やフェイスラインに出来るニキビ。「治ったと思ってもまた出来てしまう・・・」
どうして、繰り返しニキビができてしまうのでしょうか?

 

顎やフェイスラインニキビができる原因は、簡単にまとめると次の3つだと言われています。

  • ターンオーバーの乱れ
  • スキンケア不足
  • 外的刺激によるダメージ

 

肌は、約40日の周期で古い角質が落ち、新しい肌に生まれ変わると言われるターンオーバーが、ホルモンバランスの乱れによってうまく行われなくなることがあります。。 このターンオーバーが乱れると、落ちなかった古い角質が厚い層となり、毛穴を塞いでしまい、その結果、皮脂が 毛穴にたまってしまい、ニキビになってしまうのです。 特に「生理前にあごニキビがたくさん出来てしまう」という女性は、ホルモンバランスの乱れによるターンオーバーの乱れが原因として考えられます。

 

あご周りは、Tゾーンや頬と比べて、スキンケアが行き届きにくい場所です。 普通にすすぐだけでは、顎周り・Uゾーンの洗顔料をきれいに落としきれずニキビになることも多くあります。また、洗顔後の保湿が不十分な場合も、洗顔後の乾燥した肌を守ろうと余分な皮脂が分泌されて ニキビの原因となります。

 

あご・フェイスラインというのは、顔の中でも皮脂腺が多いため、皮脂が出やすい場所です。 皮脂が多いので雑菌が繁殖しやすく、外からの刺激によってニキビができるということもあります。 また、あごやフェイスラインは、無意識に手で触れてしまったり、髪の毛がかかったりしやすい場所でもあり、タオルや枕カバーなど日常生活で使用するものにも雑菌が繁殖している場合があるのでダメージを受けやすいのです。
また、脂肪・糖分・高GI食品などの摂取が、皮脂腺を刺激してニキビができる事もあります。

 

特に、現代の女性はホルモンバランスの乱れを起こしやすい

昨今、女性の社会進出や正社員登用などでストレスを感じる女性が増えてきていると言われています。このストレス状態や睡眠不足であると、抗ストレスホルモンが分泌され、このホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂の過剰分泌を引き起こします。その結果、アゴニキビを引き起こす可能性が高まります。

 

繰り返しできる顎ニキビの対策はあるの?

まず自分でできる対策としては、ストレスや睡眠不足など、生活習慣を見直す必要があります。

 

次に、

  • 乾燥による毛穴詰まりを防ぐ
  • ターンオーバーを整える
  • 殺菌成分などの化学成分配合の商品を使用せず、低刺激のあご、フェイスラインニキビケア商品を使用する

ことが挙げられます。

 

一般的なニキビケア商品は数多く存在しますが、アゴやフェイスライン周りに効くニキビケア商品となると、その数はかなり減ります。その中で、顎ニキビ対策のスキンケア商品を選ぶ際のポイントは5つあります。

高濃度の保湿成分が配合されている
健康な肌サイクルをサポートするプラセンタが配合
あごの黒ずみケアもカバーできる成分配合
敏感肌でも安心な刺激ゼロの成分
フェイスラインの引き締めまでサポートできる

 

それで、これらの5つの条件を満たしているのはメルラインという商品です。

 

メルライン

 

「今まで、色々なニキビケア商品を試しても効果がなかった」という方にこそ、試していただきたいです。このメルラインは、今、日本で一番売れているあごニキビ薬用化粧品です。実際に使ってみた方の満足度がかなり高いので、試してみない理由はないと思われます。

あごにきびがなかなか治らない方へおすすめの化粧品

メルライン

メルラインは日本で一番売れている国産の顎ニキビ医薬部外品。あご・フェイスラインにニキビができやすい三つの原因「ターンオーバーの乱れ」「乾燥」「刺激によるダメージ」をこれ一本で対策できるオールインワンジェルです。

 

10種類もの保湿成分を高濃度で配合し、独自抽出のビオカタライザープラセンタによって健康な肌をサポートします。メルラインは肌ケアだけでなく、さらに美白効果や凸凹肌の改善効果もある万能ジェルなのです。そして無添加でアロマ配合なので、満足度の高い商品となっています。

 

モンドセレクションを受賞するなど、その品質が評価され、多くのメディアに取り挙げられるなど話題上昇中です。フェイスライン、顎ニキビがなかなか治らないとお悩みの方はぜひ一度お試し下さい。